ちょっとバンフ困る
知る町を歩く山を歩く飲む食べる観る泊まるアクティビる自転車るツアーる困る
 HOME 困る トラブル事例

基本情報

主要機関リスト

旅行保険のススメ

困る

日常の困った

病院の流れ

盗難/紛失

自動車事故

トラブル事例

 トラブル事例
 ■ 病気/怪我

  • 具合が悪くなった
  • 飛行機や自動車などの移動による疲れ、寝不足などが原因で気分がすぐれず、具合を悪くすることがある。知らず知らずの間に水分補給を怠ることで、こういった症状が出るようだ。日本と比べカナダは空気が乾燥している。限られた時間を有意義に過ごすためにも、意識的に水分補給をするよう心がけよう。
  • それでも具合が悪くなるようなら、病院に行き医師の診断を受けるようにしよう。「病は気から」と言われるように、病院で診断してもらったという安心から、スッキリすることが多いようだ。
  • 病院での流れ
    • 1: 診察券をつくる
    • 2: 診察を受ける
    • 3: なんらかの薬が処方される
    • 4: 支払いをする
  • 支払いは500ドル(約45000円)くらいが目安になる。

  • 盲腸になった
  • 激しい腹痛に襲われ、病院で診察してもらったところ、盲腸だった。急性だった為、当日に緊急手術をし、ひと安心。しかし、術後2日間入院し、退院後3日間通院することになった。このため、旅の予定は全てキャンセル。通院の為、帰国予定日を延ばし、宿泊先の確保、帰国便の変更などで約200万円の支払いとなった。
  • この時は海外旅行傷害保険に加入していたので、全ての支払い(治療費、入院代、退院後のホテル代、飛行機の変更手数料等)が保険でカバーされた。
  • 一般的な海外旅行傷害保険に加入しておけば、金額的には問題ないようだ。
  • 病院での流れ
    • 1: 診察券をつくる
    • 2: 診察を受ける
    • 3: すぐに手術が出来ればその場で摘出。用意が出来なければ翌日になることもある
    • 4: 2日間程度入院
    • 5: 2、3日程度通院
    • 6: 帰国前の検診
    • 7: 帰国予定日より10日程度遅れての帰国
  • 200万円を現金で支払い出来る人はあまりいないと思うので、海外旅行傷害保険は入っておいたほうが良いだろう。

  • 骨折した
  • 観光中、うっかりバランスを崩し転倒、腕を強打した。痛みが激しかった為、観光を中断し病院で診察してもらったところ、腕を骨折していた。手術の必要はなかったので、その場で処置をしてもらった。診察が始まってから約2時間で終了した。支払いは約1000ドル(約90000円)だった。
  • 病院での流れ
    • 1: 診察券をつくる
    • 2: 診察を受ける
    • 3: レントゲンを撮る
    • 4: ギブスをする
    • 5: 薬(痛み止め)が処方される
    • 6: 支払いをする
  • よほどひどい骨折で無い限り、帰国を延ばす必要はないが、その後の旅行の楽しみが半減するだろう。解放的になり過ぎないように注意!


 ■ 盗難/紛失

  • ケース1: バフェッ(バイキングスタイルの食事)の際、荷物を椅子に置き食事を取りに行っている間に、荷物が盗まれてしまった!
  • 洋服などを椅子に掛けておくのはいいとしても、ハンドバックなど貴重品は必ず持って行きましょう。


  • ケース2: トイレに入っているときに置いていたバックが扉下から手をのばされ盗まれた!
  • カナダの公衆トイレの扉は、扉下に20cm程度隙間がある。そこから見えるところに荷物を置いていた為、盗難にあってしまったのだ。荷物の置き場に気をつけよう。


  • ケース3: ホテルの部屋にスタッフを装い訪ねてきて、「バスルームの点検です」などと言って部屋に入り、作業をしている振りをして、隙を見て荷物を盗む!
  • 事前に連絡もなくこういった作業が行われることはない。言っている事が分かっても、分からなくても「No thank you」と断わろう。


  • ケース4: 自動車のガラスを割る車上荒らしに遭った!
  • バンフではあまり聞かないが、バンクーバーでは頻繁におきている。自動車で旅をする時は車内の目に着く場所に物を置かないようにしよう。特に一晩駐車する時は要注意だ。


  • ケース5: お店のレジにて清算中に、足元に置いてあるバッグを盗まれた!
  • 混み合っている店内などは要注意です。貴重品は必ず手元に持っておきましょう。


  • ケース6: パスポートを紛失した!
  • 海外では特に大事なパスポート。唯一、自分の身分を証明できる書類だ。このパスポート紛失を耳にすることが非常に多い。ただ、本当に紛失しているわけでは無く、保管場所を忘れているケースがほとんどだ。よくあるケースとしては、
  • ホテルのセーフティボックスに入れたまま、チェックアウトをした。
    安全の為、セーフティボックスを利用したまでは良かったが、普段しないことをすると忘れる原因になることも!?
  • スーツケースの中を良く探してみたら出てきた。
    大事なパスポートだが、旅行中にパスポートが必要な状況は意外と少ない。その為、どこに入れたか忘れてしまうことがあるようだ。旅行中の保管場所を決めて、定期的な確認をしよう。


  • ケース7: 貴重品を入れたウエストバッグを盗まれた!
  • 最近ではほとんど見かけなくなったが、以前はウエストバッグに貴重品を入れて身につけている人がよくいた。身につけているという安心感を得ることができるが、これは「ここに貴重品が入っていますよ!」とアピールしているような行為だ。貴重品は外から見えないように身につけよう。

HOME - 運営会社 - 利用規約 - プライバシーポリシー - お問合せ
知る - 町を歩く - 山を歩く - 飲む・食べる - 観る - 泊まる - アクティビる - 自転車る - ツアーる - 困る


Copyright (C) 2002-2010 Banff Tour Service All rights reserved.