知る 町を歩く 山を歩く 飲む食べる 観る 泊まる アクティビる 自転車る ツアーる 困る
 HOME > 飲む・食べる > ドレスコード


基本情報

情報の利用について
予約
注文
支払いとチップ
飲酒と喫煙
ステーキの焼き加減
パスタ
ドレスコード

飲食店リスト

レストラン
多国籍&専門店
バー
カフェ、デリ、スイーツ
ファーストフード

飲食店リスト

飲食店マップ

飲食マップ
飲食ダウンタウンマップ


マップの閲覧には
Adobe Reader
が必要です

 ドレスコード
日本人にとって不慣れなのがこのドレスコードである。高級そうなレストランへは豪華にドレスアップして行かなければならないとお考えの方もいると思うが、リゾート地であるバンフではそこまでドレスコードに厳格な店は無い。しかし、ある程度の身なりを客側に求めている店も少なからず存在する。
これはレストランに限ってのことで、バーやカフェなどにドレスコードは存在しないのでご安心を。
以下は「ちょっとバンフ」が無難と考える服装なので参考にしていただきたい。尚、「飲食店リスト」ではドレスコードがある店はその旨を明記してある。
  • カジュアル
    サンダル、Tシャツではないカジュアルな服装ならOK。バンフのレストランではこの程度のドレスコードがほとんどだ。だからといってわざわざドレスコードぎりぎりの服装を狙う必要は無い。目上の人とプライベートで会うときのような、少しオフィシャルな服装をしておけば全く問題無いだろう。。
  • スマートカジュアル
    バンフで「高級」と言われている一部のレストランでは必要。ジーンズでは無いパンツ(短パン不可)又はスカートに男性なら襟付きシャツが無難。ジャケット、ネクタイはあるに越したことはないが無くても良い。女性はラフになり過ぎない服装にしよう。
    もちろん豪華な気分を味わいたくて目いっぱいお洒落をしても、全く浮くことは無いのでドレスアップも楽しんで頂きたい。

HOME - 運営会社 - 利用規約 - プライバシーポリシー - お問合せ
知る - 町を歩く - 山を歩く - 飲む・食べる - 観る - 泊まる - アクティビる - 自転車る - ツアーる - 困る


Copyright (C) Banff Tour Service All rights reserved.