知る 町を歩く 山を歩く 飲む食べる 観る 泊まる アクティビる 自転車る ツアーる 困る
 HOME > 飲む・食べる > ステーキの焼き加減


基本情報

情報の利用について
予約
注文
支払いとチップ
飲酒と喫煙
ステーキの焼き加減
パスタ
ドレスコード

飲食店リスト

レストラン
多国籍&専門店
バー
カフェ、デリ、スイーツ
ファーストフード

飲食店リスト

飲食店マップ

飲食マップ
飲食ダウンタウンマップ


マップの閲覧には
Adobe Reader
が必要です

 ステーキの焼き加減
■ 牛の国アルバータ州
  • バンフがあるアルバータ州の名産品は100年以上の歴史を持つ「アルバータビーフ」だ。アルバータビーフは、日本のいわゆる霜降り肉と違い、脂の少ない赤身なので柔らかさと歯応えを併せ持つ。大麦を中心とした穀物肥育牛なので味も抜群。バンフに来たら是非味わってみたい。
■ オススメはミディアム
  • バンフで食べる牛肉料理は、そのほとんどがアルバータビーフを使用していると考えて良いだろう。ただし、日本の牛肉とは違うので「焼き加減」は気をつけたい。

    こちらの人はしっかりと火を通すようで「レア」のような焼き加減で食べる人はあまりいないようだ。しかし、こちらの肉は完全に火が通ってしまうと、かなり硬くなるようだ。好みは人それぞれなので、一概には言えないが「ちょっとバンフ」独自の見解だと、オススメは「ミディアム」。赤身が欲しい人は「ミディアムレア」がいいだろう。

ステーキ

HOME - 運営会社 - 利用規約 - プライバシーポリシー - お問合せ
知る - 町を歩く - 山を歩く - 飲む・食べる - 観る - 泊まる - アクティビる - 自転車る - ツアーる - 困る


Copyright (C) Banff Tour Service All rights reserved.