知る 町を歩く 山を歩く 飲む食べる 観る 泊まる アクティビる 自転車る ツアーる 困る
 HOME 知る 飲酒/喫煙


アクセス

日本から
カナダ国内から

バンフの概要

どこにある?
人口
交通
駐車
治安
病院/警察
飲酒/喫煙
税金
時差
電話
コーリングカード
電圧
郵便
両替
国立公園のルール
チップ
映画館


 飲酒/喫煙
■ 飲酒
  • 飲酒の年齢制限は州によって異なるが、バンフがあるアルバータ州は18歳以上である。(ケベック州及びマニトバ州も18歳以上。それ以外の州は19歳以上)。若そうに見えると酒類を購入する時に必ず身分証の提示を求められるので、常時携帯しよう。(日本人は特に若く見られる。)
  • カナダは屋外での飲酒が禁じられている。
    春ぐらいになると気持ちよくて公園などでビールを…なんて思うが、そんなことをすると罰せられるので、注意すること。外で飲みたい時は部屋のバルコニー、バー及びレストランの敷地内にあるパティオで楽しもう。
  • ビールの価格はカナダ産(メジャーな銘柄)の350ml/缶 x 6本で12ドル前後と日本と大差ない。地ビールだと1本1ドル前後で購入できるものもある。輸入ビールはカナダ産より若干割高になる。
  • ワインはボトルで約10ドルから。これもカナダ産が安い。しかも味も悪くない。
■ 喫煙
  • 喫煙は19歳以上である。お酒同様、購入時若そうに見えると身分証の提示が求められる。
  • カナダでは基本的に屋内禁煙だ。バンフでも屋内完全禁煙となっているので注意しよう。町の至る所にゴミ箱が設置してあり、そのゴミ箱には大抵灰皿が備え付けられている。歩きタバコは控えて、灰皿がある場所でマナー良く喫煙しよう。
  • ホテルの部屋も当然禁煙となり、喫煙はホテル入口付近の灰皿設置場所でする。注意したいのはバルコニー付の部屋だ。ホテルによってはバルコニーも禁煙にしている。違反すると数百ドルの罰金が科せられる。チェックイン時にホテルのルールを確認しよう。
  • カナダではタバコが異常に高い。日本と違ってタバコの値段はお店によって違うが、1箱(25本入り)で12ドル前後(約1000円)する。
  • タバコの長さにはレギュラーサイズとキングサイズ2種類がある。キングサイズは日本のタバコとほぼ同じ長さになる。レギュラーサイズはやや短い。ちなみにどちらも値段は一緒だ。というのも1本あたりに含まれている葉っぱの量は同じで、フィルターの長さ及び葉っぱの詰まり具合が違う。一般的には同じ銘柄でもレギュラーサイズのほうがキツく感じる。
  • 売っている銘柄はほとんどがカナダ産のタバコで、日本の銘柄は無い。 喫煙者の人は日本から持ち込むほうが良い。タバコは1カートンが免税となる。
  • 余談だが、こちらはタバコが高いので町を歩いていると、25セントでタバコ1本譲ってくれないかと声を掛けられることがある(特に若い方が多い)。
    ただ、換算すると1本あたりは50セントじゃないと割が合わないので注意を!

HOME - 運営会社 - 利用規約 - プライバシーポリシー - お問合せ
知る - 町を歩く - 山を歩く - 飲む・食べる - 観る - 泊まる - アクティビる - 自転車る - ツアーる - 困る


Copyright (C) Banff Tour Service All rights reserved.