山を歩く
知る 町を歩く 山を歩く 飲む食べる 観る 泊まる アクティビる 自転車る ツアーる 困る
 HOME 山を歩く 服装と準備


基本情報

ハイキングについて

ルール

服装と準備

コース案内

バンフの町周辺

バンフ国立公園内

その他のコース

 服装と準備
■ トップス
  • 天候や気温が変わりやすい山歩きはウェア選びが重要。ウェアは大きく3種類に分けられる。素肌に直接触れるアンダーウェア、その上に着るミッドウェア、一番上に着るアウターウェアだ。
アンダーウェア
アンダーウェアは、汗を吸収する吸湿性と同時に発散させる速乾性の機能に優れ、なおかつ保湿性の高いポリエステル系の素材の物が良い。
ミッドウェア
ミッドウェアは温かさを調整する目的がある。コットンやフリースなど、素材の種類は多岐にわたる。浸透性と速乾性を持ったフリース素材は、上述したアンダーウェアとの組み合わせが効果的。
アウターウェア
アウターウェアは、一番外側に着るため、耐久性、保温性、防水・防風性が求められる。自分の体に合う軽くて動き易いものが良い。軽量で保温性、防水性、浸湿性に優れたゴアテックスなどの素材が良い。
■ ボトムス
  • ゆったりとした歩き易い物がよい。ジーンズは歩きにくく不適切。夏の晴れた日にはショートパンツも快適。女性ハイカーの間ではスカート(山スカ)も人気だ。速乾性の素材を選ぶと良い。
■ 雨具/防寒具
  • 気温の変化に備えて暖かいセーターを、または悪天候に備えてレインコートやウィンドブレーカーの用意が必要。フード付きで防水加工されたものが良い。
    高所や雨天に備えて、薄手の手袋の用意も必要。雨天に備えて防水加工のされたジャケットだけでなくオーバーパンツがあると便利。
■ 靴とストック
  • 砂利道、ぬかるみ、残雪などさまざまな路面状態に対応が出来、自分の足に合った歩き易いハイキングシューズ・ブーツを履く。足首部分のカットが高いものほど足首への負担が減り安全性が高く、起伏の激しい道にも対応できる。一方で足首の自由が失われる不快感もあるといわれ、なだらかな道を歩くのであれば足首部分のカットの低い、ウォーキング、トレッキングシューズでも良い。
    ストック(杖)を使用すると膝や腰への負担が少なくなる。
■ 帽子とサングラス
  • 高所では雪や氷河の照り返しがあり、紫外線が強いので、帽子やサングラスがあると便利。ニットの帽子は悪天候・低温の日にの防寒にも役立つ。

HOME - 運営会社 - 利用規約 - プライバシーポリシー - お問合せ
知る - 町を歩く - 山を歩く - 飲む・食べる - 観る - 泊まる - アクティビる - 自転車る - ツアーる - 困る


Copyright (C) Banff Tour Service All rights reserved.